債務整理・過払いのことなら横浜ワイズリーガル司法書士事務所へ
HOME>司法書士業務

司法書士業務

司法書士業務

一番身近な相続問題。相続問題は想像以上に複雑で大変です。 相続財産の確定、だれが何を相続するのか、不動産は共有にするとどうなのかなどのご相談から、不動産の相続登記まで、司法書士が親身になってご相談に応じさせていただきます。

残されたご家族の絆がバラバラにならないように遺言者の思いを残すことです。 遺産分割にあたり、財産が多い少ないにかかわらず、もめるときはもめます。 そうならないように残されたご家族がいつまでも円満に暮らしていけるために遺言を書くことは大切なことだと思います。遺言書は最後の意思ということで丸く収まることが多いのです。

株式会社や合同会社などの会社は、法務局で会社登記をすることによって成立します。そして、会社設立後も役員変更、増資、本店移転などで登記が必要になります。会社設立される際は、登記の専門家である司法書士にご依頼ください。会社設立以降も、継続的にサポートできる体制を整えております。

土地やマンション、建物などの不動産の売買・贈与などをおこなう場合、不動産登記の名義変更が必要です。 大事な不動産だからこそ円滑に進める必要がございます。不動産の売買、贈与、財産分与、交換など、不動産登記の専門家である司法書士が公平な立場からサポートさせていただきます。

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。